ほっかいどう景観だより

11月のカレンダーを作成しました!

2020年10月30日

北海道建設部まちづくり局都市計画課です。

8月から、日本遺産に認定された「鮭の聖地このリンクは別ウィンドウで開きます」である根室管内をクローズアップしております。
今月は第4弾!!根室市このリンクは別ウィンドウで開きますを紹介します!!
ラストは中標津町!!最後までどうぞお楽しみに!!

 

 

11月のカレンダー写真は根室市このリンクは別ウィンドウで開きますの「ヲンネモトチャシ跡このリンクは別ウィンドウで開きます」です。

写真提供:根室市歴史と自然の資料館
カレンダーダウンロードページこのリンクは別ウィンドウで開きます

 

 

 チャシ跡はアイヌ民族が聖地、砦、見張場などとして使われたとされており、根室市内の24か所からなるチャシ跡は「根室半島チャシ跡群このリンクは別ウィンドウで開きます」として国指定史跡となっています。
 根室地方のチャシ跡は海に面した崖上に築かれていることが多く、ヲンネモトチャシ跡このリンクは別ウィンドウで開きますも湾口の見晴らしの良い位置に立地し、盛り土をして上面を平坦にした部分を2か所作り、小規模な壕で区画しています。このチャシ跡からは歯舞群島、国後島、知床半島を一望でき、アイヌ民族の海の生業領域を実感することができます。この地域では古くから海を「道」とする交通網を発達させてきたのです。
 根室市このリンクは別ウィンドウで開きますでは、ヲンネモトチャシ跡このリンクは別ウィンドウで開きますのほかにノツカマフチャシ跡このリンクは別ウィンドウで開きますを公開しています。
 チャシ跡から見渡せる景観とともに、鮭をキーワードとしたこの地域の歴史をぜひ実感頂ければと思います。

 

デスクトップの背景にぜひご利用ください。

(T)