ほっかいどう景観だより

6月と9月は屋外広告物クリーン強調月間です

2019年6月3日

 

 北海道では、良好な景観の形成、風致の維持、公衆に対する危害の防止を図るため「北海道屋外広告物条例」を定めています。

   この制度を道民のみなさまに広く知っていただき、安全で美しいまちなみをつくるため6月と9月を『屋外広告物クリーン強調月間』と定め、市町村や関係機関と協力して広報活動やパトロール等を行っています。

 

〇屋外広告物のルールについて

  屋外広告物の表示・設置をする場合は、原則として許可を受けることが必要となります。(※許可が不要な場合もあります。)また、著しく破損・老朽化している、又は倒壊・落下のおそれがあるような屋外広告物を表示・設置することは禁止されています。

 

〇屋外広告物の安全管理について

 広告物を掲出するすべての方は、補修その他の必要な管理を行い良好な状態を保持することが義務づけられています。

   また、道では屋外広告物の安全性の確保をより一層図るため、条例等を一部改正し、広告主や広告物の表示者、掲出物件の設置者、管理者等は、広告物又は掲出物件を定期的に点検しなければならないことを明確化しました。

 掲出している広告物を良好な状態で管理していただくため、道では「北海道屋外広告物管理指針」を定め、管理に必要な点検項目や点検結果に基づく対処法等を示しています。広くこの指針をご活用いただき、屋外広告物の適正な点検管理をしてください。

 

↓↓詳しい制度の内容についてはこちらをご覧ください。

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kn/tki/mdr/koukoku/koukoku.htm

↓↓北海道屋外広告物管理指針

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kn/tki/mdr/koukoku/kanrishishinintro.htm

 

〈危険な看板を見かけたら…〉

 道民の皆様、屋外広告業者が発見した『安全上問題があるような屋外広告物』の連絡・相談の受け皿の一つとして(一社)北海道屋外広告業団体連合会に連絡窓口を設けています。危険な看板を見かけた際はぜひご活用ください。