ほっかいどう景観だより

(一社)北海道建築士会を「景観整備機構」に指定しました


平成27年3月26日、北海道は、一般社団法人北海道建築士会を景観整備機構に指定し、指定通知書を交付しました。
道が取り組んでいる、協働による多様な景観づくりの一つです。



↑下出建設部長(左)と建築士会高野会長(右)


景観整備機構制度は、民間団体や市民による自発的な景観の保全・整備の一層の推進を図る観点から、一定の景観の保全・整備能力を有する一般社団法人、一般財団法人又はNPOを景観行政団体が景観整備機構として指定し、良好な景観形成を担う主体として位置付ける制度です。

 

(一社)北海道建築士会は、景観整備機構として、景観に関するセミナーやバスツアーを開催したり、地域の建築物や産業遺構、自然などの歴史的地域資産の調査などを実施する計画です。

 

セミナーの開催予定など、当ブログでも紹介していきたいと思いますので、ご興味のある方は是非ご参加ください。


(M.K)