ほっかいどう景観だより

「江差景観ポイント環境整備ワークショップ」が開催されました。

2014年7月14日

江差町で開催された「江差景観ポイント環境整備ワークショップ」について、檜山振興局から便りが届きました。

-檜山振興局より--------------------


(一社)北海道建築士会檜山支部、江差町及び北海道檜山振興局の共同で、平成22年度から実施している「江差景観ポイント環境整備ワークショップ」を6月16日と7月1日の2日間で【江差らしい案内看板をデザインしよう!】をテーマに行いました。

 

【6月16日】
江差小学校内で、小学6年生と平成22年度に作成した「江差ふっとぱす」のルートの写真等を見て、道のわかりにくい箇所に設置する標柱4基と、「一休み公園」内の掲示板に設置する「江差ふっとぱす」の案内看板1枚のデザイン画を作成しました。


北海道科学大学建築学科谷口教授による「江差ふっとぱす」を作成した時の概要等について説明している様子です。


各班ごとに作成したデザイン画を発表している様子です。

 

【7月1日】
場所は、平成22年度から昨年度の小学6年生が整備した「一休み公園」です。
前回(6月16日)に作成したデザイン画を基に、建築士会の大工さんや塗装屋さんの指導を受け「標柱」や「案内看板」に文字・絵を描き仕上げました。


「案内看板」への描画の様子です。


「案内標柱」への描画の様子です。


完成した案内標柱を持って、記念撮影。


完成した案内標柱を持って、記念撮影。

 

今回作成した「標柱」は【江差ふっとぱす】のルート内の各箇所に、「案内看板」は「一休み公園」内の掲示板に設置してありますので、江差町に来られた際は、【江差ふっとぱす】を歩いてみてください。

(K.U)