ほっかいどう景観だより

2月のカレンダーを作成しました。

2014年1月20日

2月のカレンダーは美幌峠から臨む屈斜路湖です。

カレンダーダウンロード

 

美幌峠は北海道東部、美幌町と弟子屈町の境界に位置し、眼下に屈斜路湖を見下ろす絶好の展望地です。
阿寒国立公園の山々が一望でき、晴れた日には、遠くに世界遺産の知床連山を見ることができます。

 

屈斜路湖は弟子屈町にあるカルデラ湖で、全域が阿寒国立公園に属し、北海道ではサロマ湖に次いで2番目に大きい湖です。
湖中央部に浮かぶ周囲12kmの中島は、日本最大の湖の中にある島です。

 

今回の写真はオホーツク総合振興局からご提供いただきました。
眼下に広がる巨大な湖と、抜けるような青空のコントラストが美しい景観を創りだしています。

 

厳冬期、屈斜路湖は全面結氷し、最も寒さ厳しい2月~3月初旬にかけて、凍った湖の氷が盛り上がる現象「御神渡り(おみわたり)」がおこります。
全長10km、高さ2メートルに及ぶこともある、真冬ならではの雄大な景観です。
ぜひ現地に足を運んでご覧ください。